家具、ベッド、ソファはどこから誕生したのか

ニュース

薬
2014/03/20
新石器時代
2014/03/20
長椅子

種類

kagu

家具と呼ばれるものに、イスやテーブルがあります。
これらは、私達が日常生活で使用する道具の事であり、色々な種類に分ける事ができます。
例えば、動かして使用するものがあれば、家に初めから設置されているものや埋め込んで使用するものがあります。
動かして使用するものには、上記にも挙げたテーブル、イス、タンス等があります。
また、初めから設置されているものには、壁に埋め込むタイプの暖炉、収納棚、照明等があります。
このように、家具は可動型と不動型にも分類する事ができます。

産地

日本国内には、有名な家具の産地が様々な場所に存在しています。
北海道の旭地区は、日本を代表する産地の1つです。
ここでは、主に無垢の木を使用した家具が多く産出されています。
そのきっかけとなったのは、1890年頃にこの地域に木挽場ができた事です。それを機に、全国から職人が移住し日本を代表する産地となったのです。

また、広島県も旭地区同様に日本を代表する産地の1つで、ここではタンスがメインの生産地となっています。

分類

interior

家具には様々な種類があり、これはいくつかの分類に分ける事ができます。
それは、形態、使用されている材料、使用する場所等によって分類する事ができます。

形態においての分類は、脚物、台物、箱物に分ける事ができます。
脚物は主にソファ等のイス類となっており、台物はテーブル類、箱物はタンスやチェスト類等が含まれます。

使用されている材料による分類では、木製、金属製、合成樹脂成形等に分ける事ができます。
また、使用される場所としては、リビング、寝室、オフィス等があります。